一人暮らしをするということは

一人暮らしは、実家生活時では味わえない自由な時間が多くなります。

一人暮らしをするということは

一人暮らしをするということは 一人暮らしは、実家生活時では味わえない自由な時間が多くなります。特に大学生の一人暮らしは、好きな時に起きて、好きなときに寝て、好きな時に好きなことが出来ると羽目を外しがちです。家事は大変だからと掃除や洗濯は限界まで溜めて、料理は面倒だからと外食や惣菜で済ますといった生活や、友人たちと朝まで飲み明かしたりして楽しむこともやってしまいがちです。一人暮らしを始めたら、実家の時のように両親など家族から制止されることがないので、自由なことを限界までやりがちです。しかし、一人暮らしをすることで責任が伴います。

例えば、何か他人に迷惑をかけた時には、まず自分で対処しなければなりません。また、体調を崩してしまった時など、気分が優れない時も自分で解決しないとなりません。連絡をすれば近場の場合家族が来てくれることもありますが、遠くではそうはいきません。そんな時に、自分で対処できるよう準備を怠らないようにしないといけません。他人に迷惑をかけた時は、住まい関係なら大家さん、他の事柄ならば専門の管理会社の連絡先を調べておく、病気になった時のために、薬を用意しておいたり、あらかじめ病院がどこにあるか調べておいたり、病院が近い物件に住んでおくなどの準備をしておくといざという時でも対処が取れます。また、近くに信頼できる友人がいるとさらに安心です。